電話でお問い合わせ
2021/1/20 17:04

★結婚式のプチ情報をお届け★~お車代について~

皆様こんにちは♪

本日もパラッツォドゥカーレ麻布のブログをご覧頂き
誠にありがとうございます(^^)

本日はブライダルフェアやお打ち合わせの中で特にご質問が多かったお車代につてご紹介致します!!

結婚式当日に、お世話になった人へ感謝の気持ちを込めて渡す、
 「お車代」  や   「お礼」  があります。

でも、お車代やお礼は誰にいくら払うべきなのか、
失礼のない金額をちゃんと準備できるのか
ご心配に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで本日は、渡すべき人によって異なるお車代やお礼の相場、
お車代を渡すためのマナーなどをご紹介いたします!

 「お車代」  は、遠方から結婚式のために駆けつけてくれた
来賓、親族、友人に対して、交通費または宿泊代のかわりとしてお渡しします。

金額は、 交通費の半額~全額 を負担するのが一般的です。

なお、現金ではなく事前に飛行機や新幹線などのチケットを購入して手渡したり、
宿泊するホテルの予約・支払いを新郎新婦が済ませておくという方法もあります。

お車代は、1万円、2万円などキリのよい金額にするのが一般的です!

「交通費の半額だから」と端数が出るような金額を渡すのではなく、
中途半端な金額になりそうな場合は、少し上乗せするなどしてキリのよい額にしましょう。

ご祝儀の場合は「割り切れる」ということで偶数の額はタブーとされていますが、
お車代の場合は偶数になっても問題ありません。

またお車代を決めるとき、ゲストへ交通費や宿泊費の金額を尋ねるのはマナー違反です・・

あくまでも、どのような交通手段で来るのか、宿泊予定の有無を確認するに留めて、
実際にかかる費用はお二人で調べましょう!

また、お車代のをお渡しする方法は2つあります。

一つ目は電話でお伝えすること、
二つ目は名刺サイズなどの小さなカードにメッセージを書いて招待状に同封する方法です。

直筆のメッセージで伝えることで、相手に想いが伝わりやすいです*

「このたびは遠方よりお越しいただくため 心ばかりではございますが お車代のご用意をさせていただきます ぜひご出席いただけますと幸いです」
「このたびは遠方からお越しいただくため 宿泊先をこちらでご用意させていただきます ぜひご出席いただけますと幸いです」

上記のように、交通費や宿泊先の用意をするなど具体的な内容を記しておきましょう!

なお、句読点は「切れる」や「終わる」という意味合いを持つため、
結婚式では縁起の悪いものとして避けられています。

招待状に添える文面でも同様に、句読点は使わないようにしましょう。

以上、今回は結婚式のお車代についてご紹介しました。

本日もご覧頂きありがとうございました!

Calendarカレンダー

202102
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Category

Back Number

六本木・麻布のウエディング・結婚式 
パラッツォ ドゥカーレ 麻布

本館
〒〒106-0032 東京都港区六本木7-12-27
都営大江戸線「六本木駅」より徒歩2分

ご成約者様用ウエディングサロン
〒106-0032 東京都港区六本木7-8-8
ミクニ六本木ビル5F

アクセスの詳細はこちら

式場をお探しのお客様

TEL:0120-901-271

平日12:00~20:00/土日祝9:00~20:00

ご成約ご列席のお客様

TEL:03-6438-9193

平日12:00~20:00/土日祝9:00~20:00
※祝日を除く月曜・火曜定休